南十字に戯れる

サザンオールスターズ&桑田佳祐ライブセットリスト・アーカイブ(仮運用中)

2018.06.25・26 キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」

日時:2018年6月25日・26日

会場:NHKホール

 

デビュー40周年を記念して行われるライブ。

サザンがデビュー日にライブを行うのはこれが初となる。

NHKホールに立つのは1983年の「第34回紅白歌合戦」で『東京シャッフル』を披露して以来35年ぶり。

 

ライブタイトルの「キックオフ」は、ライブ当日がロシアW杯で日本の初戦が行われることにちなんでいると思われる。

 

 

1999.12.27・28・30・31 年越しライブ 1999「晴れ着 DE ポン」

日時:1999年12月27日・28日・30日・31日

会場:横浜アリーナ

 

   

1999.12.31

生中継

2000.01.03

完全燃焼版

1 女呼んでブギ
2 My Foreplay Music
3 太陽は罪な奴
4 茅ヶ崎に背を向けて
5 当って砕けろ  
6 朝方ムーンライト  
7 愛する女性とのすれ違い  
8 あっと言う間の夢のTONIGHT  
9 死体置場でロマンスを  
10 Ya Ya(あの時代を忘れない)  
11  せつない胸に風が吹いてた  
 C調言葉に御用心  
 Bye Bye My Love(U are the one)  
 Happy Birthday  
 君だけに夢をもう一度  
 マチルダBABY  
 ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)  
 爆笑アイランド  
 チャコの海岸物語  
 そんなヒロシに騙されて  
 松田の子守唄  
 涙のキッス
 あなただけを〜Summer Heartbreak〜
 LOVE AFFAIR ~秘密のデート
 The End / The Beatles  
 希望の轍
 思い過ごしも恋のうち
 いなせなロコモーション
12 いとしのエリー
13 涙のアベニュー
14 TSUNAMI
15 Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)
16 フリフリ'65
17 ボディ・スペシャルⅡ(BODY SPECIAL)
18 勝手にシンドバッド
19 イエローマン~星の王子様~  
20 マンピーのG★SPOT  
21 Oh!クラウディア  

 

2年ぶりとなる年越しライブ。

2000年ミレニアムメドレーと題されたコーナーが中盤で展開された。

リリース前の『TSUNAMI』も演奏された。

 

最終日の模様がTBSで生中継されたほか、完全燃焼版が翌年1月に放送された。

全ての曲が地上波で放送された唯一のライブである。

また年越し前後の時間にTBSラジオが、年越し後の10分ほどの時間のみTOKYO FMで中継が行われた。

 

http://www.jvcmusic.co.jp/what/backnumber/1999.html

Professional Fax

 

2000.01.29~02.05 伊豆だらけのローラ

日時:2000年1月29日~2月5日

 

桑田佳祐単独で全国5会場を回った応援団イベント。

カラオケ・弾き語りでのミニライブのほか、プロモーションビデオやプライベート映像の上映、プレゼント大会などファンとの交流を深めるイベントとなった。

 

各媒体でセットリストの記述が異なっており、正確な把握が難しい。

 

公式の記述は旧公式サイトと、応援団発行の『別冊代官山通信』がある。

  sas-fannet 別冊代官山通信
1 LOVE AFFAIR ~秘密のデート 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
2 真夏の果実 真夏の果実
3 イエローマン~星の王子様~ LOVE AFFAIR ~秘密のデート
4 TSUNAMI TSUNAMI
5 勝手にシンドバッド 勝手にシンドバッド
6 いとしのエリー 私の世紀末カルテ(ローラ・バージョン)
7   いとしのエリー

 

ライブのセットリストを集約した投稿型のサイト「Live fans」には各会場ごとのセットリストが記載されている。

  札幌・名古屋・神戸・福岡 仙台
1 LOVE AFFAIR ~秘密のデート 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
2 真夏の果実 真夏の果実
3 イエローマン~星の王子様~ イエローマン~星の王子様~
4 TSUNAMI TSUNAMI
5 勝手にシンドバッド 勝手にシンドバッド
6 いとしのエリー いとしのエリー

札幌・名古屋・神戸・福岡会場については上記の旧公式サイトのものと合致する。

 

しかしこちらのファンサイトにある神戸公演のセットリストは下記である。

1 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
2 真夏の果実
3 LOVE AFFAIR ~秘密のデート
4 TSUNAMI
5 勝手にシンドバッド
6 私の世紀末カルテ
7 いとしのエリー

「Livefans」と比べると『イエローマン~星の王子様~』がなく、『悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)』が披露されている。別のライブレポートでも『悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)』を披露したという記述が見られる。

 

また同ライブレポートの札幌公演参加者の記述には

"悲しい気持ち"、"真夏の果実"、"秘密のデート"、 "TSUNAMI"をなんと、カラオケで独唱。

 とあり、札幌でもまた『悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)』を披露したとする内容。となれば「Livefans」の信憑性がいよいよ怪しい。

 

また『私の世紀末カルテ』については、こちらのサイトでは「いとしのエリー~私の世紀末カルテ」という書き方になっており、上記の多くの媒体にこの曲名が登場していないのは『いとしのエリー』の導入として替え歌が一部披露されたに過ぎないから、と推測するのが妥当か。

 

以上を踏まえると『別冊代官山通信』のセットリストが基本形であり、ここに『イエローマン~星の王子様~』がいくつかの会場で披露されたと考えられる。『別冊代官山通信』ではセットリストの註記として「※他リクエスト曲あり」と書かれているので、これに『イエローマン~星の王子様~』が該当するとも考えられる。

 

この模様は一部の曲がドキュメント番組「桑田佳祐・素顔のポップスター~サザンオールスターズ・2000年の真実~」として4月4日にNHK-BS2、6月7日にNHK総合で放送された。

 

 

2013.11.30・12.01・03・04 Act Against AIDS 2013「昭和八十八年度!第二回ひとり紅白歌合戦」

日時:2013年11月30日・12月1日・3日・4日

会場:パシフィコ横浜国立大ホール

 

1 東京ラプソディ 藤山一郎
2 銀座カンカン娘 高峰秀子
3 銀河のロマンス ザ・タイガース
4 虹色の湖 中村晃子
5 スワンの涙 オックス
6 涙の季節 ピンキーとキラーズ
7 小さなスナック パープル・シャドウズ
8 涙のかわくまで 西田佐知子
9 エメラルドの伝説 ザ・テンプターズ
10 京都の恋 渚ゆう子
11 若者たち ブロード・サイド・フォー
12 この広い野原いっぱい 森山良子
13 はしだのりひことシューベルツ
14 なごり雪 イルカ
15 22才の別れ
16 わかれうた 中島みゆき
17 I LOVE YOU 尾崎豊
18 恋におちて -Fall in love- 小林明子
19 リバーサイドホテル 井上陽水
20 桃色吐息 髙橋真梨子
21 遠く遠く 槇原敬之
22 春よ、来い 松任谷由実
23 グッドナイトベイビー ザ・キング・トーンズ
24 小指の想い出 伊東ゆかり
25 星のフラメンコ 西郷輝彦
26 太陽がくれた季節 青い三角定規
27 傷だらけのローラ 西城秀樹
28 手紙 由紀さおり
29 港町ブルース 森進一
30 恋の奴隷 奥村チヨ
31 シクラメンのかほり 布施明
32 みずいろの手紙 あべ静江
33 東京砂漠~おいしい秘密 ヅラ山田洋とクール・ファイブ feat.桑田佳祐
34 北の宿から 都はるみ
35 見上げてごらん夜の星を 坂本九
36 喝采 ちあきなおみ
37 ドリフメドレー ザ・ドリフターズ
38 Jupiter 平原綾香
39 カブトムシ aiko
40 ありがとう いきものがかり
41 イージュー★ライダー 奥田民生
42 やさしくなりたい 斉藤和義
43 六本木心中 アン・ルイス
44 TOKIO 沢田研二
45 なんてったってアイドル 小泉今日子
46 男の子女の子 郷ひろみ
47 どうにもとまらない 山本リンダ
48 Born This Way~東京五輪音頭~Born This Way ジジイ・ガガ~
49 SOMEDAY 佐野元春
50 ひだまりの詩 Le Couple
51 アンパンマンのマーチ ドリーミング
52 愛のさざなみ 島倉千代子
53 帰ろかな 北島三郎
54 川の流れのように 美空ひばり
55 笑って許して 和田アキ男

 

4年ぶりとなるAAAコンサート。

2008年に行われた「ひとり紅白歌合戦」の第2回。

 

最終日の模様が8日にWOWOWで放送されたほか、全国の映画館でライブビューイングが実施された。

翌年3月にはBlu-ray/DVDが発売された。

 

 

1994.12.01 Act Against AIDS '94

日時:1994年12月1日

会場:日本武道館

 

    生中継
1 奇跡の地球
2 夏をあきらめて  
3 希望の轍
4 ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
5 真夏の果実  
6 いなせなロコモーション  
7 喜びの歌

 

2年目のAAAコンサートはサザンとして参加。

Mr.Childrenのステージに続いて桑田佳祐&Mr.Childrenで発売前の『奇跡の地球』を披露、その後サザンのステージに続く珍しい構成となった。

『喜びの歌』は出演者全員で歌唱された。

 

この模様はNHK-BS2で各会場の生中継が行われ、一部曲が放送された。

 

ライブ特集その4

お宝映像にご満悦 別番組で『真夏の果実』『奇跡の地球』の2曲が放送された?とする記述